斜視

斜視(strabismus,heterotropia)

斜視は、両眼の視線が正しく目標に向かわず明らかに片眼の視線がずれているもので、眼位の異常に両眼視の異常が加わったものです。両眼視の異常として網膜の異常対応、弱視、抑制、複視などがあります。また分類方法として

  1. 眼位ずれの方向による分類
    • 水平斜視:内斜視、外斜視
    • 垂直斜視:右眼上斜視、左眼上斜視
    • 回し斜視:内まわし斜視、外まわし斜視
  2. 固視状態による分類
    • 片眼斜視:眼位のズレが左右眼どちらかに固定されているもの
    • 交代斜視:眼位のズレが固定されていないもの
  3. 偏位程度による分類
    • 共同斜視:あらゆるむき眼位において、眼位のズレ方向が同方向、同量であるもの
    • 非共同斜視:眼位のズレがむき眼位によって方向やズレ量が異なるもの
  4. 偏位の恒常性による分類
    • 恒常斜視:常に斜視であるもの
    • 間歇性斜視:ときどき斜視になるもの
    • 周期斜視:周期的に斜視になるもの
  5. 発生時期による分類
    • 先天性斜視:生まれた時か生まれてまもなく気づいた斜視
    • 後天性斜視:生後何年かたってから生じた斜視
  6. 解剖学的分類
    • 筋原性斜視:外眼筋に原因のある斜視(筋無力症等)
    • 機械的斜視:眼科の構造上の異常による斜視(眼窩底骨折等による)
  7. 共同性か麻痺性かによる分類
    • 共同性斜視:注視の方向によって眼球偏位の程度が変わらないもの(一般的な斜視)
    • 麻痺性斜視は:注視の方向によって眼球偏位の程度が変わるもの
    • 非共同性斜視:共同性斜視以外の斜視で眼筋麻痺がないのに注視方向によって眼位ズ
    • に差があるものです。
  8. 非麻痺性斜視:麻痺性斜視以外の斜視
  9. 調節状態による分類
    • 調節性斜視:調節が眼位ズレに大きな影響を与える斜視をいう
    • 非調節性斜視:調節の影響を受けない斜視をいう
  10. 原因による分類
    • 原発斜視:通常の斜視
    • 続発性斜視:手術あるいは外傷のような原因が明らかな斜視
    • 感覚性斜視:一眼あるいは両眼の視力障害が原因で両眼視が破れて外斜視なったもの
  11. 両眼視の状態による分類
    • 正常対応:網膜対応が正常である
    • 対応異常:網膜対応が異常である
    • 二重対応:正常対応と異常対応を併せ持つもの

網膜対応(網膜に映った左右の像の関係 )

両眼の網膜各点は、両眼で互いに共通の視方向をもっている正常対応なら図の右眼の(0,0)と左眼の(0,0)は中心窩で対応点になります。 また右眼の中心窩(0,0)から等距離にあるA(1,1)と左眼の中心窩(0,0)から等距離にあるA’(1,1)も対応点になります。 同じく右眼の中心窩(0,0)から等距離にあるB(-2,-1)と左眼の中心窩(0,0)から等距離にあるB’(-2,-1)も対応点になります。これら対応点に映る像は両眼単一視されます。また右眼のA(1,1)と左眼のB’(-2,-1)は非対応点になります。もし右眼のA(1,1)と左眼のB’(-2,-1)が対応関係にあるとするとこれを異常対応と言います。対応点は無数にあります。


正常対応で眼位正位

今右図のように左右の網膜が正常対応であれば、左眼中心窩に映る点光源と赤マドックスで融像を除去された右眼の網膜に映る赤い線条光(垂直に伸びる細く赤い光)は重なって知覚される。
図解
左眼の耳側網膜(=紫色の曲線)と右眼鼻側網膜(=紫色線の曲線)が対応領域になる。同時に左眼の鼻側網膜(=緑色曲線)と右眼の耳側網膜(=緑色曲線)が対応領域になる。

正常対応で外斜視・外斜位

右図のように左右の網膜が正常対応であれば、左眼中心窩に映る点光源と赤マドックスで融像を除去された右眼の網膜に映る赤い線条光は交叉して知覚される。


正常対応で内斜視・内斜位

図のように左右の網膜が正常対応であれば、左眼中心窩に映る点光源と赤マドックスで融像を除去された右眼の網膜に映る赤い線条光は同側性として知覚される。
(同側性=左眼で見ている点光源が左側に知覚され、右眼で見ている赤線条光は右に知覚される。)


対応異常で外斜視

図のように左右の網膜が対応異常であれば、左眼中心窩に映る点光源と赤マドックスで融像を除去された右眼の網膜に映る赤い線条光は同側性と知覚される。
(右眼は明らかに外斜視なのにマドックス検査では交叉性ではなく同側性と知覚される。)


対応異常で内斜視

図のように左右の網膜が対応異常であれば、左眼中心窩に映る点光源と赤マドックスで融像を除去された右眼の網膜に映る赤い線条光は交叉性と知覚される。
(右眼は明らかに内斜視なのにマドックス検査では同側性ではなく交叉性と知覚される。)


斜視と立体視

斜視は、視方向が異なるので複視が生じていなければ抑制が生じています。両眼単一視が出来ないので視差から生じる精密な立体視も出来ない状態であります。

斜視と手術

手術は外眼筋が眼球に付着している場所を変えたり外眼筋を縮めたりし眼位を整えます。外科手術になりますので、精密に眼位を揃えるのはかなり難しいようです。見た目に斜視が解らなくなってれば審美的には成功です。しかし両眼単一視が出来ているか、いないか。出来ていれば無理なく両眼視が可能かどうかが、次の問題になります。そのままで両眼視が難しいようならプリズムレンズの力を借りなければならない事もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする