両眼視と深視力

深視力

深視力検査は動的立体視検査

深視力には、

  • 両眼視差から生じる立体視を元に得られる精度の高い深視力(奥行き知覚)
  • 立体視がないかあるいは弱いものの経験から得られる不確かな深視力(奥行き知覚)

があります。

深視力試験用として他店で作ったメガネでダメだった

つい先日も、深視力試験に落ちたので新しいメガネを作ったが、それでもだめだったと言って相談にこられた方がおりました。調べるとそのメガネで左右眼とも視力はじゅうぶん出ていました。

深視力は視力と関係ないの?

深視力試験に合格するには「メガネで視力が出る」というのは必要条件でありますが、充分条件ではないといえます。精度の高い深視力(奥行き知覚)を得るためには同時視、融像、立体視、深径覚、眼球運動等の両眼視機能等が正常でなけばなりません。もし両眼視機能に問題があればプリズム等による「両眼視を考慮したメガネ」や「ビジョントレーニング」が必要になります。

深視力と精密立体視

偏光メガネと偏光視表を使った精密立体視検査で正常な立体視があっても深視力試験(三桿法)が出来ない方も結構いらっしゃいます。それは、主に滑らかな眼球運動と融像幅が関係しているものと考えています。このような方には、立体視がえられる眼鏡のみでは不十分で弱点を補うためのビジョントレーニングが必要となってきます。まれにではありますが、逆に精密立体視が出来なくとも三桿法が出来る方もいらっしゃいます。

深視力についてさらに詳しく知りたい方はアイケアシステム公式ページへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする